クレジットカードと利用と性格の問題

クレジットカードの利用ということでは、利用する人の性格も問題になります。管理が甘い人の場合には、利用する場合に、ズボラになりやすいということがあります。お金はよくも悪くも人間社会では、思った以上に変化していくもので、外面は紙幣ですが、背後は人間の欲望だからではないかとも考えられますが、それを利用する人間次第で、どのようにも変化するということになります。それはクレジットカードでも同じです。紙幣以上に便利なので、それ以上に良くも悪くも変化します。そのように使う人がうまく管理できない場合には、自分で自覚したり、周りでアドバイスをしながら、使い方をよく学んでいくということが必要になります。また使うカードを絞り込むということも重要になるということになります。できれば1枚とか2枚で利用していくのが正解です。

クレジットカードと利用の枚数

クレジットカードでは、利用のノウハウということで、利用するクレジットカードを絞り込むということが言われています。これは非常に重要で、作ることができるからと、たくさん作っておくのも無意味ですし、何枚も財布に入れて、ショッピングのたびに適当に使っておくというのも賢い利用の仕方ではありません。これからますます利用されるアイテムですから、利用の仕方もよく理解しておくということですが、絞り込むメリットとしては、同じカードを利用したほうが、様々なカードを利用するよりも有利だからです。まず様々なカードを利用すると支払日などが分散してしまい、使っていないと勘違いしてしまうことがあります。そうすると支払日を忘れて支払いできない場合もあります。それは信用問題ということでも不利になります。その点も利用での注意すべき点です。

クレジットカード所持の魅力

クレジットカードを所持することの魅力・メリットを書いて参ります。早速ではございますが、まず、「持っているとステータスになる」という点が挙げられます。例えば、ゴールドカードやブラックカードを持っている大人はどこか風格がありかっこよく見えるものです。次に「インターネット通販の利用に便利」という点です。クレジットカードがあれば、最初に情報を登録しておくだけで、自宅にいながら買い物が完結できてしまいます。銀行振込の手間が省けるというのが大きなポイントです。そして「ポイントがたくさん貯まる」ことも魅力でしょう。家賃や光熱費など、大きな金額を毎月クレジットカードで支払っていれば、1年後にはたくさんのポイントが貯まっていることでしょう。それらは現金のように利用できたり、旅行券やQUOカードなどに交換ができたりいろいろと使えて便利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です