クレジットカードとメインの重要性

クレジットカードでは、基本的にはメインのクレジットカードとサブのカードで十分ではないかと考えますが、これは色々なメリットがあるからです。最近ではそれぞれのカード会社もグループ化しています。またインターネットで、それぞれの企業にアクセスが出来るというメリットもあります。そうなるとそのグループ企業を中心的に利用している人の場合には、それらの企業が発行しているカード1枚あれば十分メリットを享受できるということになります。それはそれらの企業のカードの場合には特典があるからです。そのカードを利用している人にしか得られない特典です。それがばかにならないほどのメリットもあります。例えばポイントやサービス期間などの時の割引とかですし、長い期間使う時の割引率の優遇とかです。そのような点も考えてメインカードを選ぶと言うことでしょう。

クレジットカードとショッピング

クレジットカードではショッピングも非常に楽にできるということがあります。特に通販の利用では、商品が決まっている時には、日本全国での一番安い商品を、自宅から購入できるということですので、有利にショッピングが出来るということになります。問題は送料ですが、まとめ買いをすると送料が無料になり、ポイントもつくということで、消費税分の幾らかの割引にもなります。何よりも配送をしてくれるので、時間や労力のロスを減らせます。その分休息や仕事ができるということでは、それも経済的なメリットとも考えられます。そのようにショッピングも工夫すると、クレジットカードではメリットが一般のショッピングよりも大きいということになります。また配送日などの指定や時間の指定もできますので、その点でも非常に便利なサービスを受けられるということになります。

クレジットカードを選ぶ基準

人それぞれクレジットカードを選ぶ基準というものは違うようです。女性や主婦の多くが選ぶ基準としているのが、年会費無料のカードではないでしょうか。しかし、この年会費無料のカードは還元率が低いというデメリットがあります。カードの仕様ヒントが高く、月額10万円以上使用するのであれば、年会費が必要なカードの方が還元率が高く付帯サービスも多いのでお得な場合があります。年会費無料のカードを選ぶ際に、お得に使用したいのであれば、流通系のカードです。特に自分が日頃よく利用するデパートやお店、通販サイトのカードがお勧めです。100円単位などで細かくポイントが付くのがメリットです。コンビニなどでも、遠慮なくカードを使いポイントを貯めていきたいものです。クレジットカードの選び方として、年会費無料のメリットとデメリットを比較してみるというもの一つの良い方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です